知らないと損!”教科書にも記載されている”坐骨神経痛の原因【坐骨神経痛】

坐骨神経痛

from : 山﨑 慎也

自宅より

.

.

.

おはようございます!

東京都 渋谷区 東京メトロ千代田線・小田急線「代々木上原」駅から徒歩1分の整体院(治療院)
”ハートテラス整体院” 院長 山﨑 慎也(やまさき しんや)と申します。

記事を御覧いただきありがとうございます。

坐骨神経痛とは

本日は坐骨神経痛について、ご紹介させていただきます。

皆さんも一度は耳にした事、あるのではないのでしょうか

坐骨神経痛とは、すごく簡単にお伝えすると腰から足にかけての痛み・痺れを訴える症状です。

症状は軽度なものもあれば、本当に歩けない程の重症なものもあり

立っているだけで足が痛い、ビリビリするなどの症状も中にはあります。

坐骨神経痛は、とても慢性化・難治化しやすい

Wikipedia先生によると、坐骨神経痛の原因の90%は椎間板ヘルニアであると記載されています。

これは少し誤解を招く表現だと「個人的に」思っていまして

だったら椎間板ヘルニアを手術とかして治せばいいじゃんと思ってしまいますよね?

でも、実際に世の中には坐骨神経痛が治らない、改善しなくて困っている患者様、本当に沢山いらっしゃいます。

それでは何故、坐骨神経痛が治っていかないのか、慢性化、難治化してしまうのかを考えると

本当に原因の90%が椎間板ヘルニアなのか?

そう思うのは自然な事ですよね

実は似たような症状の出る疾患が沢山ある


冒頭で申し上げましたように、坐骨神経痛の具体的な症状と言えば・・・

・腰〜足にかけての痛みがある

・腰〜足にかけての痺れがある

・症状は両脚ではなく、片脚に現れる事が多い。etc…

上記にある症状というのは、坐骨神経痛だけでなく、他の疾患でも同じような症状が出てしまいます。

(例)椎間板ヘルニア 脊柱管狭窄症 閉塞性動脈硬化症 etc…

など、挙げていけばキリがない程、同じ症状の疾患が沢山あるのです。

つまり、原因を特定する事が難しいのです。

その為、慢性化、難治化しやすく、とても難しい症状であると僕は考えています。

坐骨神経痛の治療は?


勿論、治療をしていく、継続する事は大切です。

ですが、闇雲に治療をしても、貴重なお時間と費用を無駄にしてしまうのが関の山です。

なので、原因を特定できていない状態で、

ただ、電気を当てたり、痛み止めを飲む、注射する

というのは個人的にはオススメしておりません。

坐骨神経痛と筋肉の関係性

そこで、僕から一つの「可能性」を提示させていただきます。

それは、「筋肉」です。

筋肉と言えば、勿論、皆さんの身体を動かしてくれる筋肉です。

実は筋肉と坐骨神経痛がとても深い関係にあると僕は考えております。

実は、僕の学生時代の教科書に坐骨神経痛についての記載がありました。

以下の動画を参考にしていただければと思います。

【坐骨神経痛】学生の教科書にも記載されている坐骨神経痛の”原因”


治療に最も大切な事は原因を特定すること

当たり前ですよね。ですが、その当たり前が大変難しいのです。

病院に行けば、残念ながら患者様の目を見もせず、レントゲンの画像に向かって異常がないから大丈夫と言われ、痛み止めや湿布をして痛みを誤魔化していく、そういう医療環境そのものに実は問題があるのではないかと「個人的には」思っています。

坐骨神経痛にお困りの皆さんの、少しでも、身体の「痛み」や「痺れ」などの症状の改善のお力になれればと思います。

最後まで記事を御覧いただき、本当にありがとうございました。

.

.

.

心と体を照らし 笑顔を集める

ハートテラス整体院

Access : 小田急線「東北沢駅」「東口」出口徒歩1分

〒155-0031 東京都 世田谷区 北沢3−1−1 イーストコート北沢102

TEL : 080–6419–8205

Mail : medical.heart.terrace@gmail.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました